入居申込書と古物申請

最初にご確認ください。

 

事務所として、借りていただいても古物の申請に審査が通らない場合もあります。

現時点で借りている方はすべて古物許可を受けて営業をしておりますが、審査に通らない場合もあります。

仮に、審査で落ちてしまった場合でもこちらでは一切責任は取れません。

契約いただきました分は返金ができかねますことをご承知ください。

ご納得いただけましたら下記項目もお読みください。

 

各物件共通

初期費用は賃料4ヶ月分になります。

(例)

清瀬物件の場合

賃料1ヶ月8000円×4ヶ月分=32000円(税込み)

借りるときに32000円をご持参ください。

月の途中で借りる場合は日割り計算になります。

正式な金額はあらためてご連絡いたします。

※他、保証金など、一切不要です。

 

審査に通らなかった場合でも上記金額は返金ができません。

建物自体はバーチャルオフィスではなく、実態のあるシェアオフィスになりますので通常は審査に通ります。

万が一、審査に通らない場合はご本人様の不備によるものだと判断しています。

ご確認をよろしくお願いいたします。

 

申し込みを希望される方は次の項目をお知らせください。

 

本人氏名

電話番号

現住所

使用目的

勤務先または屋号

会社現住所

電話番号

 

 

緊急連絡人

氏名

住所

電話番号

 

 

身分証明書

※運転免許証

※保険証

※住民票

※外国人パスポート

いずれかコピー1通

 

 

古物申請

個人法人問わず、古物営業を行う、営業所を管轄する警察署へ申請をします。

営業所のお近くの警察署に電話をして、管轄の確認をしてください。

 

おおまかな必要事項は次の通りです。(詳しくはご自身で確認ください)

ご本人様にて、古物許可申請の書類をご準備ください。

こちらからは基本的には賃貸契約書もしくは同等の書類をご準備いたします。

警察の担当部署へ書類を提出してください。

40日前後で警察署担当者より、ご本人様に連絡があります。(主に電話連絡になります)

警察署に書類を取りに行きます。

審査に合格し、古物営業が可能となります。

日数的には50日前後になります。

 

 

 

投稿日:2018年5月18日 更新日:

執筆者: