SOHO オフィス コワーキングスペース シェアオフィス バーチャルオフィス レンタルオフィス 古物商 古物営業

賃貸(分譲)マンションで古物商を検討してみる!

投稿日:2019年5月10日 更新日:

 

住まいを選ぶとき、何を基準に選びますか。

その選択肢は数えきれないほどあります。

全てを網羅する物件があれば最高ですが、そう簡単にはいきません。

また、物件の数もたくさんです。

探すことに疲れてしまい、最終的に選んだ物件が条件とは全く違っていたでは、毎日過ごす場所としては苦痛です。

譲れない条件と妥協できる条件さえ明確であれば、物件探しの時間はさほど必要ではありません。

 

古物免許を取得する基準をチェック

【賃貸マンションと分譲マンションの違いとは?】

賃貸マンションと分譲マンションには違いがあることは、ご存知でしょうか。

まずは、その違いを比較してみます。

 

賃貸マンション

・家賃収入のための事業用マンション

・収益性を重視している

・設備や仕様が一般的

 

分譲マンション

・一生の住まいを求める人が買う物件

・質の高さが魅力的

・設備や仕様、共用施設の充実

 

賃貸と分譲の違いを大まかにあげると、このような点になります。

分譲マンションのほうが立派で豪華に感じるかもしれませんが、今どきの賃貸マンションもセキュリティ面が強化や、設備などが充実している物件もあります。

 

古物商や各許認可を含めた賃貸物件を選ぶ基準

実際に私が部屋探しをする時の、”譲れない条件”をご紹介します。

これは、借りる部屋を探す場合だけではなく、購入の場合でも同じです。

・最寄り駅まで徒歩圏内

・最寄り駅路線

・周辺の商業・公共施設

・駐車場完備

・ファミリータイプ物件

・防犯面(オートロック・モニター付きインターホン・階層は2階以上など)

・築浅(できれば新築)

 

これらの条件が、部屋探しをする時の譲れない条件です。

ごく一般的に思い浮かぶ条件です。

しかし、家賃の予算オーバーや、どれかひとつ条件が当てはまらないことの方が多いです。

借りる部屋を探す場合、まず探すのは「分譲賃貸マンション」です。

 

古物免許や許認可を含めて分譲賃貸に軍配

賃貸物件には、賃貸アパート・賃貸マンション・分譲賃貸マンションなど、様々なタイプがあります。

私が賃貸の部屋を探すなら、「分譲賃貸マンション」をまずは探してみます。

  • 分譲賃貸マンション

分譲賃貸マンションとは、本来分譲マンションとして購入されたものを賃貸物件として貸し出されているタイプです。

設備や立地条件がよく、借りる人にとっては好条件がそろっています。

しかし、注意する点もあります。

 

  • メリット

・立地条件がいい

・耐震性や防音性が高い

・設備や仕様が充実

・管理員がいる

・防犯性に優れている

・マンション全体や住人のマナーがいい

 

分譲賃貸マンションの魅力は、マンション自体の充実度もそうですが、住人のマナーがいいところです。

一生住むつもりで購入した人が多いため、トラブルなく近所づきあいをしたいと考えている人が多いです。

住人のマナーがいいということも、防犯性に優れているといえます。

 

  • デメリット

・マンション全体としてはOKの規約でも、持ち主(大家さん)の意向で禁煙・ペット不可な場合がある

・家賃が比較的、高め

・物件数が少ない

・短期間で出ていかないといけない場合がある

 

分譲賃貸マンションは、転勤などの何らかの事情で購入した物件を貸し出している場合と、貸し出すことを目的として購入しているパターンがあります。

マンション全体の規約の他に、持ち主(大家さん)のルールもありますので、そこは注意する点です。

分譲マンションはペット可がほとんどですが、大家さんの意向でペット不可の場合もあります。

他には、禁煙や短期間しか借りられないということもあります。

 

おわりに

賃貸マンションを選ぶ基準についてご紹介しました。

条件は人によって違います。

今回の内容は、私が選ぶとしたら、でお伝えしました。

「分譲賃貸マンション」のいいところは、分譲マンションの良さを「賃貸」で体験できるところです。

また、賃貸のいいこところは、住み替えがしやすいことです。

「持ち家or賃貸」「一戸建てorマンション」などで迷ったときは、分譲賃貸マンションのように、生活を体験する方法もありますので、ぜひ試してみてください。

 

事務所兼住居のメリット・デメリット

シェアオフィス八王子明神町 4.0万円~(古物商取得者向け)

-SOHO, オフィス, コワーキングスペース, シェアオフィス, バーチャルオフィス, レンタルオフィス, 古物商, 古物営業

執筆者:

関連記事

古物営業にも使える知識(礼金無し物件のメリット)

  はじめに 部屋探しには、何かと費用がかかります。 毎月の家賃だけを考えていてはいけません。 なので、なるべく初期費用は抑えたいところです。 そんな時、”礼金ゼロ”という物件は、魅力的に感 …

古物商って申請だけで許可が取れる!!!

  古物営業許可は誰でも簡単に取得可能 ヤフオクビジネス、メルカリ、アマゾンマケプレ等で転売、中古品(新古品)含む売買をしたいのなら、必須の古物商です。 ですが、古物の申請の際に必ずといって …

事務所兼住居のメリット・デメリット

  【はじめに】 ワークスタイルが多様化している中で、仕事場を事務所兼住居として選ぶ人もいます。 通勤する必要がなくなると思えば、一見便利に感じる物件ですが、メリット・デメリットはあります。 …

賃貸オフィスの理想の環境についてアンケートを取ってみた!!その5

賃貸オフィスは窓から見える景色が重要です。 私は、マックを使って、都内近郊でデザインの仕事をしています。一日中コンピューターの画面を見ていると、目が疲れます。なので、賃貸オフィスを借りる時の一番の希望 …

オフィス(仕事場) 女性ライターさん まとめ

40代前半女性 ライターの方 奈良県 私の仕事はサービス業のため、オフィスにはお客様が来られることがわりと多いです。そのため、スタッフが交代で前に立ち、お客様の対応にあたっています。依頼された事務作業 …