東京、神奈川、埼玉のドライバー求人

 

タクシードライバーと業界の暗黙のルール

私はタクシー運転手をやっています。その記録、備忘録として残します。もし、これからタクシー運転手になりたい!なろうとしている方はぜひ参考にしていただきたい。妻子持ちだけど勤まるかな・・・など心配事もあるはず!タクシー業界に染まっていない私がすべてをお伝えいたします。

私は30代独身未婚子供なし。

年収は400万ただし、タクシー運転手としての年収だけではなく、個人的に副業もしている、つまり兼業であります。タクシー会社は副業可能です。一般の会社に勤める場合は個人事業主として活動するなり、コソコソやる必要がありますが、タクシー業界は堂々と兼業が可能なのです。

実際にアパート経営をしながらの者もいる。なんでもアリで受け皿は相当に広く出来ている。気になる業務内容はお客様を目的地まで安全に早くお届けするということ。これが実際やると難しい。まずは地理、道が詳しくないとお客様に怒られて会社やタクシー協会に苦情が入ってしまう。

タクシー業界の苦情はポイント制になっており、減点方式でタクシー業務に勤める。スタート時のポイントは一般公表されていないので私にもわからない。このポイントは苦情を受けると何ポイントか減点される。お客様より、お褒めのハガキや手紙をいただくとポイントが加算される仕組みになっている。

このポイントの使い道は買い物等には使えない。何に使えるかというとタクシーポイントが高くなればなるほど条件の良いタクシー会社に入社しやすいということである。逆にポイントが完全になくった場合はタクシー業界では働くことができなくなる、たとえ免許があってもだ。普通にやっていれば基本的にポイントの増減はない。

ただ、普通にやるということがこのタクシー業界では難しいのである。その難しさとは客の気分によってとばっちりを受けやすいということ。例え話になるが以下のようなことでもまかり通ってしまうということだ。

「ファミレスで手持ちの金がないやつが注文して料理に髪の毛が入っていたと言えば無料になってしまうようなもの」

実際には髪の毛なんか入っていない。因縁をつけてタダにしようという魂胆だ。サイテーなやつだがタクシーを乗る客の中にもこのような輩が1割くらいはいることは覚えておいて欲しい。私の感覚ではあるが態度もよく、礼儀の正しいお客さんは全体の2割、普通のお客さんが5割、横柄、傍若無人にしている客が2割、キチガイが1割。

そして・・・普通に含まれる5割の客の中にも言葉の微妙なニュアンスでキチガイ化してしまうので注意しよう。また、キチガイは客だけでなく、管理者含む先輩や同僚にもいるので注意しよう。

タクシー会社の入社後、まずは2種免許取得から

初めてタクシー乗務員として仕事をする場合にはまず、免許が必要です。その免許とは2種免許のことです。完全素人入社の人間はまず2種免許を取得するようになります。実地、学科含め、おおよそ、1ヶ月くらいかかります。その間も研修費用が支給されるので生活には困ることは少ないと思います。

タクシー業界の研修手当ては日当ベースで15000円ぐらい!

無事、免許取得後、次に同乗研修というものがあります。この同乗研修が結構大変です。何が大変かというと教育係の先輩と20時間ちかく、一緒にいます。私の場合は幸い、やさしい先輩だったので苦痛ではなかったのだが・・・中には本当に厳しい先輩もいるとのことです。

研修に関しては心して取り組んだ方が良い!研修は各会社の決まりで行われるため大体、5日間程度です。そして独り立ちします。独り立ちをしてからの研修期間は1ヶ月です。そしてその独り立ち研修終了後、研修手当の支給がなくなり、ほぼ完全歩合に移行します。

ただし、完全歩合は禁止されていますので名目上、固定給として最低賃金の12万円を基本給としています。現在、タクシー業界で働いている人たちは研修時の方が収入が良かった人が9割ちかくいます。

 

タクシーの1日、1週間の営業収入と営業回数

タクシー業界の用語を簡単に説明。

営業収入とは・・・1日の売上→一般的に営収と呼ばれています。

営業回数とは・・・お客さんを乗せた回数です。

営業日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日
営業収入(1日あたり)33000円
営業回数(1日あたり)29回

特徴・・・一番キツイ日は月曜日だと思う。次に火曜日かな?月曜日は早朝が一番お客さんが多く感じます。だいたい、10時くらいまでそこそこ忙しいですね。それから15時くらいまですご~くひまです。読書して本一冊読み終わるくらいひまです。中にはニンテンドー3DSやってるやつもいるw

夕方から少しずつ忙しくなり、ピークは終電まで。月曜日なので終電後は人がいない。そのためまったくもって稼げない。火曜日もほぼ同じ。月曜日に比べたら少しだけまともです。売り上げが2000円くらい良いことが多い。ということはお客さんが一回分多いということです。

もしかしたら長距離もあるかも?!水、木はあまり変わらない。たまに木曜日は長距離のお客さんがいる。木曜日は遅い時間になるにつれ、お客さんの流れが速くなる感じ。ただし、昼間はひま過ぎて、まったく稼げない。この仕事自体が嫌になる

そして・・・華の金曜日

営業日 金曜日
営業収入(1日あたり)41000円
営業回数(1日あたり)37回
特徴・・・普通にやっていても40000円は稼げます。理由は20キロくらい離れた自宅へ帰ることが多いからです。夜中のタクシー料金は割増料金のため20キロで10000円以上かかります。実は結構高いんですよ~

イメージとしては金曜日は長距離のお客さんを2回くらい乗せます。運が良ければ、4回くらい乗せる金曜日なんてこともあります・・・(笑)休憩するひま無し。時間もギリギリで70000円越えの日もあります。唯一、タクシーをやっていて良かったと思えます。

営業日 土曜日
営業収入(1日あたり)39000円
営業回数(1日あたり)35回
特徴・・・土曜日の早朝は意外にもお客さんは多いです。理由は金曜日に飲み過ぎてタクシーで帰る人と通勤でタクシーを利用する人や旅行等、早朝に出かける人がいます。そして・・・土曜日の地獄はその忙しい時間帯が終わってからです。7時くらいから11時くらいまではまったくお客さんがいない。

本当に一時間に一人といったところ。この時間帯だけの時給はマジで200円です。こういったことも経験なのですが、この記事を見た人なら、一度、やれば、わかりますよね?私はこの時間、コーヒータイムに充てています。その後・・・昼過ぎから少しずつ忙しくなります。

夕方にはさらに忙しくなり、夜中はもっと忙しいです。結局、夜中の4時くらいまで結構忙しいです。この間、長距離も期待できますので金曜日と同様、稼ぎ時です。そのため、昼間はきっちり休みましょう。

営業日日曜日祝日
営業収入(1日あたり)35000円
営業回数(1日あたり)32回
特徴・・・日曜日は早朝に通勤する人や前日の朝帰りの人、スーツケースを転がした人等でお客さんは結構います。ただ・・・魔の時間が存在します!魔の時間は7時から11時。まったくお客さんがいません・・・私はコーヒータイムです(笑)。昼間過ぎると買い物客や帰宅者で忙しくなり始めます。そして日曜日は他の曜日と違い、終電までが勝負です。

そこで稼げなければ終わりです。ただし、日曜日は客単価が別格に高く、チップをもらえる確率が異常に高いのです。丁寧に接客をして、チップをGetしましょう!

まとめ

これがタクシー業界です。今はタクシーの初乗りも安くなり、利用しやすくなりました。その分、営業回数が増え、ドライバーの手間も増えましたが、チップをもらえる可能性が増えたわけです。意外と多いのは730円等、最短距離ですが、1000円札をいただき、

「おつりはいいよ」「おつりは取っておいて」「少ないけどジュースでも飲んで」と言っていただけます。つまり、純利益270円にもなるのです。タクシーの収入なんて、ただでさえ低いのですから、この270円はとても大きいのです。このタクシー業界ですが、東京の多摩、八王子、都下エリアでは月収で18万円程度と思ってください。

 

ご高齢の方、年配の方へ

仕事が無いなら、社会保険付きのタクシードライバーという方法もありますよ。

 

20代、30代の若い方へ

職歴、年金履歴をつけたいなら、一度タクシー業界で働いて、社会人としての実績を作る方法がありますよ。

 

 

投稿日:2018年6月20日 更新日:

執筆者: