レンタルオフィスとバーチャルオフィスの活用の仕方

 

バーチャルオフィスっていうのは何ですか?

見どころやプラスポイント・マイナスポイントについてここ数年はありふれたバーチャルオフィス。

フリーで働く人や開業を考えている方はこれからの活用を検討している方も多いのではないでしょうか??

そこで、活用したいけどバーチャルオフィスが何になるのか分からなくて戸惑い・・・という企業さんや個人、バーチャルオフィスについてわかりやすく知りたい方に向けてセールスポイントをまとめました。

リアルに活用する前にバーチャルオフィスとは何なのでしょうか?

プラスポイント・マイナスポイントと合わせてご案内させていただきます。

バーチャルオフィスの説明と使い道

仮想事業所とは?

バーチャルオフィスとは、開業時になくてはならないオフィスの住所を借りられるサービスということなのです。

開業をする際はオフィス登記をしなければいけないが、フリーで働く人や小規模な仕事を行っている場合、オフィスを持っていないことも割といます。

そうなってしまうとマイハウスの住所を登録するケースがたくさんいますが、マイハウスの住所を一般公開することに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

悪い目的に使われるケースもありますし、ご家庭の事情の問題も見られます。

本来はマイハウスがマンションの場合、マンションの規律によっては登記に活用できないかもしれません。

仮想オフィスは事務所を軽い気持ちで、法人や個人事業主として必要な住所だけをチャーターすることが可能でしょう。

開業する際のアドレスをどうするか、心の痛みを抱えた方にバッチリです。

ますますバーチャルオフィスはアドレスを借りるだけでなく、お届けものの受取やTEL代行サービスなどもおこないます。

SOHO・経営者・ウィークエンド起業家が使うバーチャルオフィス 仮想オフィスのメリット初期費用の節減 オフィスを身構えるには賃貸料や預託金などのスタートコストが絶対条件です。

これとは別にTELやweb回線、机やイスというようなアタッチメントの購入に生じる料金も忘れてはいけないのです。

アルバイトで生活する人でどこでも稼動できる方やおウチで仕事をするという方は、アドレスだけを借りられるバーチャルオフィスの活用によってオフィスオペレーションに掛かる費用を大きく軽減できます。

 

バーチャルオフィスはとにかく安い!!

バーチャルオフィスの活用によってビジネスをすぐに開始できるオフィスを借りる場合、入居ジャッジメントやweb回線の開通までに困難が伴います。

トータルの手続きがフィニッシュするまで1ヶ月以上プラスされることもあるので、すぐにビジネスを始められません。

バーチャルオフィスは1番先のインスぺクションに通過すれば、マイハウスのweb回線などを使ってビジネスをすぐにスタートすることができます。

バーチャルオフィスでお家の事情の確保、マイハウスのアドレスを登記場所にするとねつっこいセールスのアクセスを受けたり、プライバシーが漏洩するケースがあります。

グーグル地図などでアドレスをウォッチすれば地図も出てくるため、マイハウスが特定されないかマークする方もいるでしょう。

仮想オフィスならプライバシーを守りつつ、働きに専念できます。

オフィスのアドレスを一等地にセッティングすることも可能なので、アクセスした人への信用2倍アップも期待できます。

バーチャルオフィスで付いて回りお仕事が受けられる仮想オフィスのアシストはアドレスの貸出だけではありません。

 

バーチャルオフィスには届け物の受け取りサービスもある

お届けもの受取代行、シェアFAX、転送TEL、TEL代行などもあるということです。

お届けもの受取代行はお届けものの受取先をバーチャルオフィスのアドレスにセッティングしておくと、お届けものを代わりに受け取っていただくサポート体制です。

お届けものを転送したり、仕事場で引き取ったりしているのであなた個人でお届けものを受け取るやっかいがありません。

お届けものの受取にマイハウスの住所をリクエストする入り用が無いのもありがたいところです。

シェアFAXはFAXを利用しないシーンでは便利です。

転送したFAXはPDFデータでとどくので維持に場所を取らないのもオリジナルのメリットです。

あなただけのFAX番号を使えるケースもあるので、FAXをふんだんに使うという方は考察するのもOKです。

転送TELはバーチャルオフィスのTELに掛かってきたコンタクトを自分自身のTELや、別のTELに転送するお手伝いです。

個人運営のTELを知らせずにTELができます。

TEL代行のお仕事はバーチャルオフィスの営業日・マーケティング時間内にTEL対応をしてもらえます。

お出かけや打ち合わせなどでTELに出られない時に貴重な要件を取り逃すリスクが少なく、気軽におでかけできます。

個人的にコンタクトを受けるとインフォメーション環境やエリアによって声が聴きとりキツイことがあり、ごく稀に相手に負のイメージを与えてしまう恐れもあるでしょう。

TEL代行サービスならオフィス1つでのTELとなるため、そのようなジレンマはあるはずがありません。

バーチャルオフィスでも空きスペースを使用OK。

いつもならマイハウスなど別の場所で稼動していても、ネゴシエーションやミーティングはここ以外のエリアで行いたいという方もいますでしょう。

仮想オフィスではアドレス貸しの他、会議室やカンファレンスルームの貸出しを行っているケースがほとんどです。

1人で場所を見い出すことなく、ほのぼのとした環境でビジネスの話ができるのはビッグなオリジナルのメリットです。

 

バーチャルオフィスのマイナス部分

仮想オフィスのマイナスポイント

コーポレイトシステム口座のオープンが難しい

仮想オフィスで登記をすると、コーポレイトシステムとしての銀行口座のオープンが困難ですが現在はバーチャルオフィスでも法人口座の開設は普通に可能です。

振込詐欺や出逢い系サイトのインチキ事件など、犯罪に関わっていたオフィスがバーチャルオフィスを使っていた事例が多いためだと言えます。

コーポレイトシステムとして銀行口座をオープンする際はしっかりとした実録を見せ、あらゆること事実を明確にするなどスキームを行いましょう。

バーチャルオフィスではローンを受けるのがシビアな創業時にビジネス資金の融資を受ける場合、ジャッジが厳しくなります。

コーポレイトシステム口座のオープンと同様、事業レベルが見えず詐欺などの悪行に使われる不安があるためです。

事業としてのレベルがないと扱われる場合もあるため、お気をつけください。

 

仮想オフィスではライバル会社とアドレスが重なることが多い

バーチャルオフィスは2個以上のコーポレイトシステムが利用するので、アドレスが重複するおそれもあります。

インターネットで住所検索すると、ライバル会社の情報が出てくるかも知れません。

同アドレスのコーポレイトシステムの社会的リライアビリティがちっちゃい場合、アドレスを検索したご依頼者様から悪影響を与える印象を持たれてしまうかもしれないですね。

住所の貸与を行っているコーポレイトシステムが貸出の際、インスぺクションを行っているかウォッチするのが一押しです。

バーチャルオフィスをレンタルする上で、ビジネスによってはビジネスの認可が下りない派遣事業や古物商のあらゆることを行う場合、バーチャルオフィスでは許認可が下りません。

バーチャルオフィスの契約を結んだものの許認可が下りず、お願いできなければムダになります。

自分自身の事業の届出に仮想オフィスが活用することができるか?

あと一歩のところでくまなく見ることになると思います。

仮想オフィスでは社会保険や雇い入れ保険のチェックすることがシビア。

社会保険をエントリーするには、法律によりキャピタル台帳など所要書類の保管がなくてはなりません。

社会保険のエントリー時にはオフィスの本店に書類の保管場所はセットされているか、ゴールが確保できるレベルなのかをチェックされます。

仮想オフィスを利用している旨を説明し、熟知したとしてもらうことが欠かせなくなります。

バーチャルオフィスのコスト仮想オフィスはオフィスのオペレーションコストを抑えられるのがウリの1つです。

コストはお仕事内容にもよりますが、アドレスの貸与のみだと2980円台~4980円台が多いです。

TEL代行サービスなどそれ以外のサービスをプラスすると、コストは10000円~に上がります。

しかしながらあなた個人で1からオフィスをオープンすることを考えれば、お安い価格からではないでしょうか。

バーチャルオフィスに丁度良いヒトは?

バーチャルオフィスの行動に丁度いいのは次の様な方です。

来客が少なくて済む 来客がほとんど無く、あなた個人で客先に顔を出したり、セールスプロモーションに行くビジネスに向いています。

1つの例としてライターやWEBサイトのマネジメントなど、エリアを選ばずに勤務することができる方にバッチリです。

お店が2~3個ある 店舗が2~3点ある会社に従事している場合本店のみ仮想オフィスにしたり、スタッフさんの要らない店舗を仮想オフィスにすることも可能です。

この他にオフィスがある マイハウスなど別にやっていく場所がキープできている方には、アドレスのみを借りることができるバーチャルオフィスはかなり便利なお手伝いと言えるでしょう。

一等地のアドレスを借りれば、カスタマーの信頼度2倍アップにもダイレクトに影響します。

しかし来客がたくさんいたり、お店を必要としている方にバーチャルオフィスは向きません。

仕事をするスペースが欲しいのなら、レンタルスペースやレンタルオフィスを考えることが一番です。

 

仮想オフィスのまとめ

仮想オフィスのプラスポイント・マイナスポイント、いかがでしたか?

プライベート情報をオープンせずにビジネスを始められる仮想オフィスのお手伝いは、フリーで働く人や開業をしたい方にちょうどいいと思います。

お届けもの受取代行やTEL代行お手伝いなど、その他のサービスもいっぱい取り揃えられているのでサポート体制が受けられる安心感もあります。

マイハウスなどで働く方はバーチャルオフィスの活用をイメージしてみてはいかがでしょうか。

 

投稿日:2019年1月21日 更新日:

執筆者: